豊胸手術のデメリットを東京の美容外科クリニックで感じました。

胸が小さい・・・

小中学校と胸が小さい事が悩みで、周りから高校生になったら大きくなるよと言われた事を信じて希望を持ってました。
だけどその期待は裏切られて、高校生になってもバストサイズは一切アップしないで、まるで男性の様でした。
そのため恋に奥手で、好きな男子ができても仲良くなって裸を見られたら振られると思って恋を捨ててました。
女子大生になった時に、女性週刊誌の広告や駅の広告で豊胸手術の宣伝を見て、恋をしたかったので興味を持ちました。
だけど未成年だと手術をやるのは親の承認が必要なので、20歳を過ぎた時に受けようとアルバイトに励みました。
20歳になって親の承認が必要無くなって、十分なお金も貯まったのでずっと行きたかった東京の美容外科クリニックに相談に行きました。
それまであまり豊胸手術について知らなくて、胸の中に袋を入れてそこに医療用のシリコンを注入する方法でやるもんだと思ってました。
実際に東京の美容外科クリニックのカウンセリングを担当してくれた先生は、今もその方法でも行われているけど、稀に袋が破けてシリコンが体内に流出したら命の危険があるというデメリットを伝えられました。

胸が欲しいって言われてもほんとにデメリットしか感じたことないから「豊胸したい」って言われても全力でやめとけとしか

— おもち (@w_wvw88) May 14, 2019

胸が小さい・・・豊胸にチャレンジする前にデメリットを調べる満足できない形に仕上がりました・・・